So-net無料ブログ作成

NY観光(6)フラットアイアン地区 [2015.NY-ワシントンDC]

15-370.JPG
5th Aveとブロードウェイが交差する22St~23Stの三角地に聳える
『Flatiron Building(フラットアイアンビル)』。
1902年竣工で高さ87mの22階建て。
NY最古の摩天楼と言われています。

15-371.JPG
敷地に合わせて建てられたビルは、
高層で頂角が小さい二等辺三角形のような形のため、
倒れてくるのではと思わせるほど薄く感じられます。

15-372.JPG
外観の珍しい形だけでなく、外壁に施された細かな装飾も目を惹きます。
1966年にニューヨーク市指定歴史建造物に指定。
1979年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録され、
1989年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されています。
映画「スパイダーマン」の新聞社 "DAILY BUGLE" としても有名で、
NYを代表する撮影スポットでもあります。

15-373.JPG
この象徴的なビルの名前をとって14St~30St辺りは、
"Flatiron District(フラットアイアン地区)" と呼ばれています。
NYでトップクラスのレストランやショップの数々や
ユニオンスクエア、マディソンスクエアといった緑豊かな公園と、
一日かけて楽しめる注目のエリアです。

15-374.JPG
2009年の改装工事でフラットアイアンビル向かいの道路が
パブリックスペースとなったことで、
ビルが惹き立ち、より眺め易くもなりました。

15-375.JPG
この辺りからはNYで最も有名なビル、
『Empire State Building(エンパイアステイトビル)』も眺められます。
ランドマークの高層ビルは現在の位置確認をするのにも役立ちます。

15-376.JPG
街中で何度か見かけたバイクシェアリングステーション。
これは2013年からNYで始まった自転車共用サービスで、
16歳以上であれば観光客も利用できます。
自転車専用レーン or 車道を走らなくてはならないので緊張感も必要ですが、
自分の足で街を走ると新しい発見があるかもしれません♪

15-377.JPG
2014年、フラットアイアンビルの斜向かいにオープンした
『The LEGO Store / FLATIRON DISTRICT』。
店内にはフラットアイアン地区のジオラマ(↑)や・・・

15-379.jpg
ミニフィグで表現した歴史年表風ディスプレイ、
5th Ave沿いに建つレトロな時計台など、
この店舗だけのオリジナル感溢れる作品がいっぱいです。
※画像はLEGOオフィシャルサイトよりお借りました。

15-378.JPG
その中でひときわ目を惹くのが実物大の自由の女神・トーチ&アーム!!
これは1876年~1882年の間、
マディソンスクエアパークに自由の女神のトーチが
一時的に飾られていた歴史にちなんでの展示なのだそうです。

15-380.png
この記事でご紹介した2棟のビルは、
レゴ・アーキテクチャーシリーズとして商品化されています。
『21002 Empire State Building (Retired product)』
『21023 Architecture Flatiron Building ($49.99)』
nice!(24)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

NY観光(5)タイムズスクエア [2015.NY-ワシントンDC]

15-359.JPG
『Times Square(タイムズスクエア)』は、
ブロードウェイと7th Aveが交差する42Stを中心に広がる観光スポット。
"世界の交差点"とも言われ、
派手な年越しカウントダウンが行われることでも有名です。
この「タイムズスクエア」という名は、
1904年にNYタイムズ本社がこの場所に移転してきたことから、
当時の市長が付けたもの。
NYタイムズは1913年に移転しましたが、名前は残されたのだそうです。

15-360.JPG
1910~1920年代、劇場やホテルの開業によって
急速な発展を見せたタイムズスクエアでしたが、
1930年代の世界恐慌とともに危険な風俗街へと変貌。
以降、タイムズスクエアには危険なイメージしかありませんでしたが、
1990年代半ばジュリアーニ市長により街は一掃され、
観光客に親しみやすい安全で健全なエリアとして生まれ変わりました!!

15-361.png
タイムズスクエアのビルは、
外壁がビルボードスクリーンやネオンサインで飾られているため、
街中がとにかく賑やか! エネルギュッシュ! な雰囲気。
昼間からかなりの人出ですが、本来の魅力が溢れ出すのは日没後。
カラフルなネオンがより引き立ち、派手派手しさに拍車がかかります!!

15-362.JPG
タイムズスクエアの一角に人だかりのできる場所があります。
それがこちらの『REVLON "LOVE IS ON"』。
世界中の人々と愛によって繋がるブランドになることを目指した
化粧品メーカー、レブロンのキャンペーンの一つで、
世界中から投稿される愛に溢れた写真を次々と上映しています。
また、カメラが路上も映し出すため、
スクリーンに映ろうする人々で盛り上がりをみせています。

15-363.png
映し出された人々は皆笑顔でスクリーンを記念撮影~♪
そして、徐々にカメラが寄っていき、一部が大写しになります。
人の多さに加え、せっかく写っても文字やラインと重なるなど、
ベストな状態で収まるのはちょっと難しそうですが、
時間に余裕があれば何度でもチャレンジしてみたくなります。

15-364.png
お馴染みのキャラクターたちも登場し、
観光スポットらしく和やかな雰囲気も漂います。
同じキャラクターが同時に何人もいたり、リュックを背負っていたりと、
拘りのないゆるさが観光客の笑いを誘っています。

15-365.JPG
いくら安全な街に生まれ変わったといっても、ここはアメリカ! NY!
さらに今は世界のどこでテロが起きてもおかしくない不安定な状況です。
こちらは、タイムズスクエアの中心で街の安全を見守り続ける
『NYPD Times Square station(ニューヨーク市警察交番)』。
近くにあるだけで安心できます。

15-366.JPG
街中では騎馬警官の姿も!
馬に乗ると視線が高くなり、より効果的な見回りができるのだそうです。
NYには名物の馬車観光もあるため、
大都会+馬の意外な組み合わせもNYでは馴染みのある光景です。

15-367.JPG
冒頭でご紹介した「NYタイムズ本社」繋がりで・・・
現在の本社はビル表面をカバーする格子と
"The New York Times"のロゴが印象的なこちらのNYタイムズビル。

15-369.JPG
8th Ave & 41Stに位置する52階建てのビルは、
『Chrysler Building(クライスラービル)↑』と同じ319mで
NYで5番目の高さになります。

15-368.jpg
ビル1FにはNYタイムズにお勤めの方々御用達(?)と思われる
『Dean & Deluca / New York Times Cafe』。
場所柄、ニューヨーカーだけでなく、観光客らしき姿も多く見受けられます。
NYタイムズとディーン&デルーカ、NY発同士でカッコ良い組み合わせ♪
※画像はオフィシャルサイトよりお借りしています。
nice!(16)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行